プランター栽培

今日は 季節を先取りしたかのような暑さですね

最近、通勤途中の小学校や公共施設でゴーヤのグリーンカーテンが準備されているのを目にします。
暑い夏を迎える準備がはじまっていますね!!

白門ではグリーンカーテン用にゴーヤ、白ゴーヤ、小玉スイカ、朝顔を直植えしていますが、ご家庭のベランダで栽培することも可能です。

先日、庭がないからグリーンカーテンを作ったことがないというご夫妻に声をかけられ、私の家では毎年ベランダでプランター栽培していることをお話しさせていただきました。

夏の暑い日、緑の植物が目に入ることで涼しげに感じられますね
さらに実際に外気温より室温を下げる効果があります。

いまからでも苗から植えれば夏の暑さ対策に間に合いますよ!!
b688011b806c4378a7fc506b52398715-e1463901780525

初心者でもできるグリーンカーテンの作り方 載せておきますね!

プランターは幅が40~50㎝ほどで深いものを用意します。
設置場所に合わせてプランターの数をそろえてください。

土は、腐葉土、赤玉土、肥料などをブレンドして作るようですが配合がよくわからないので、私はそのまま使える 野菜用の土を使用しています

ネットは支柱があった方がしっかりと張れて風が吹いても雨が降っても安定しています。

苗は茎が太くしっかりしていて葉が元気なものを選びます。
ゴーヤにも種類があるのでお好みのものを用意しましょう。

必要なネットや土などが揃ったら、苗を植え付けていきます。
掘った穴に苗を入れ周りから土を寄せて軽く押さえ その後、水をたっぷりかけます。
水やりは朝夕の2回。

梅雨が明けるころからツルがぐんぐんぐんぐん伸びていきます

苗がネットの上まではっていったらゴーヤの苗の一番上を2~3㎝切ります。
そうすると葉の間から新しい茎が出てきます。

ゴーヤは育てるのも意外と簡単で、7月中旬にはグリーンカーテンが出来上がります。

我が家のプランターでは昨年、1本のゴーヤの苗から20本近く収穫できました!

病害虫にも強くて、日よけなるので冷房代の節約にもなり、夏バテ防止の健康野菜ともいわれるゴーヤ。
まずはプランター栽培から始めてみませんか? 

毎日の成長が楽しみになるはずです!




フルカワ