かたちを変えるものたち…

こんにちは磯野です。

先日いただいた冬瓜を古川さんに調理法を教えていただき冬瓜のそぼろあんかけ…磯野も家で作ってみましたよ。味はなかなかおいし

く出来ましたが、見た目が…。

古川さんのブログの美味しそうな(あれは絶対に美味しいでしょ!)画像とは程遠いものでした。同じ素材を使って調理しているのにな

ぜにあんなに違うものが出来上がるのでしょう… あぁ、古川さん宅の食卓におじゃましたい!

皮はきんぴらですか!そうですよね、立派に美味しい一品となりますよね!捨てるなんてもったいないですよね!

あぁ、ごめんなさい!何も考えずに捨ててしまいました…あぁ

廃棄といいましたら、先日ラジオで建築廃材(家を壊す時、リフォーム時に出る住宅の廃材です。)を使ってアクセサリー作りをしている方

がいることを知りました。思い出の詰まった家の廃棄されてしまうものたちが、世界でたったひとつだけのアクセサリーとして大切に持ち

続けることが出来るなんて、素敵ですね。

家づくりをしている側のハクモンも、お家を壊して建て替えされる際もリフォームされる際も出てきてしまう建築廃材を最後には土にちゃん

と帰ることが出来るように、地球の環境に負荷を与えることがないように、出来るだけゴミを出さないように、いつも考えます。

建築する段階で、ご家族・住宅・環境、形をかえていく未来を考えた家づくりをしています。

 磯野は昭和の香り漂う絵柄のついたすりガラスがなぜか好きなのですが、あれをアクセサリーに出来たらいいな…でも重そうだな…、

手鏡でも良いかな~となどと考えてみたりしています。