古き良きもの+優れた新しいもの=未来を作り出せるもの

昨日は陽射しが強く、いかにも5月らしい紫外線がたっぷり降り注ぐ祝日(こどもの日)でございました。

そんな中の日中に日焼け止クリームを塗りたくり、親子でテニス教室に参加して参りました。

親子ともどもテニスが超ビギナーの為、球があっちゃこっちゃに飛んでいき、ほぼ半分の時間が球拾いの時間

で汗だくでしたが、テニスの面白さを初めて知り、とても楽しい休日を過ごすことが出来ました。

それなりに長くは生きていますが、スポーツに限らず、まだまだ知らないことは多いですね。何事も実際に経験

して見なければわからないものです。解っている、知っているつもりでいないで、チャンスがあれば自分がまだ

知らないこと、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいなと思います!

 
 (いつもいきなりですみません)建築のお話になりますが、

以前に参加させていただいた『環境に対応した持続可能な木造建築』をテーマにしたセミナーにて

『未来を作りだす住まいづくり』とは、その土地の気候風土に適した昔ながらの(伝統的な)工法を見習い・

見直しながら、安心できるより良い素材で現代の優れた技術を組み合わせてつくることが大切
であると

いうことを学びました。

ハクモンの住宅も伝統を重んじながら、現代の優れたものを取り入れ、より良いものをご提供できるように日々

精進してまいります!