林業と木材市場

こんにちは

本日はお付き合いのある林業屋さんに行ってきました。

ハクモンの家で使っている杉の木はここで原木を乾かして、最終的に手摺や、造作材へと
製材、加工されています。


IMG_4711
まずは原木の写真です。千葉の杉でも結構な大径木があるんです。
生木の状態なのでこの丸太の状態ではとても使えません。

大きな機械でこの原木を
挽いて、挽き板にしたり、角の材にしたりし、干場に置きしっかりと自然乾燥させていきます。


IMG_4708
使う材料に合わせて、しっかりと干します。
薄いものだと乾燥も早く、角材などの断面の大きいものは乾きにくいので乾燥期間が長くなります。
原木を挽いて、この状態で早いものでも3ヶ月以上、長いものですと1年以上乾燥させます。
IMG_4715
こちらも別の干場です。
杉の他にも、桧、サワラなどいろいろあります。
(手前は薪です)
IMG_4720
木材の特徴や、製材にいたるまでを熱心に説明してくれる井内社長さん。
挽き板の乾かす際の立てかけ方や、目の詰まり方などいろいろ教えてくださいました。

秋口くらいからは、山で杉の木の伐採なども体験させてもらえるとのことなので、
時期が来ましたら、山で伐採の体験、見学などもそのうちイベント計画したいと思っています。

せっかく木造の家に住まうのですから、木の伐採から製材までお客様にも知っていただきたいですね
IMG_4745
今日はそのまま東金の木材市場にもよってきました。
写真のような原木がいーーーーっぱいなんです!

HP見て頂くと記載ありますが、イベントもあったり、木材のせり市なども
やってりしています。

興味あるお客様は、予約すればいろいろ見学できますのでご相談くださいね。

それでは!