市川S様邸-階段完成しました-

sDSC_0199-e1481422371571
市川S様邸

階段完成しました。

階段は杉の集成材。踏面(段板)の厚みはしっかりとした40mm。

材木屋さんで、集成材の板からササラ桁や段板を切り出し、溝加工したものが現場に入ります。

現場では大工さんが現場に合わせて長さを調整しながら作り上げていきます。

白門の場合、全く同じ階段はありません。プランごとに違うので、世界にたった一つだけの階段と言ってもいいと思います。

新建材だと完成時が一番キレイで、どんどんと劣化していきますが、無垢や集成材なら、時と共に変化を楽しむことができます。

色が変わったり、角が丸くなったり、少し傷がついても無垢材や集成材なら愛着も沸くし、いい味を醸し出してくれます。