花見川区Y様邸ーTIP構法その4-

sDSC_0540
花見川区Y様邸、TIP構法の施工が完了いたしました。

ハクモンのラス下には間伐材使用しております。
もちろん、国産の杉の木です。

そとん壁やセルローズファイバーとも相性の良い下地材で、なおかつ地震などにも粘り強く耐えてくれるTIP構法。
時間と手間はかかりますが、住宅内の空気環境そして、間伐材利用による地球環境などにも配慮したとてもエコロジーな構法です。

エコロジーというと、ハクモンの家はサスティナーというブランドネームの家を建てています。
サスティナーは、サスティナブル(持続可能な)という言葉から発想したブランドネーム。

どこが持続可能なのかというと、実は役目を終え解体時まで考えて選定されていたりします。
リサイクル可能なもの、土に還るものなどと考えてあったりします。
sDSC_0568
自転車通勤で使ってるロードバイク。

フロントのギア(ペダルの方)が
帰宅中にアウター(大きいギア)からインナー(小さいギア)に落ちてしまい変速不能になりました。

家に帰りバラしてみるとアウターケーブルが写真のようになっておりました。
たまたま、シフター用のインナー・アフター両方のケーブルを持っていたので交換しました。
アウターケーブルの劣化が原因かと思います。重大な故障じゃなくてよかったです。
通勤用はエントリークラスのロードなのでケーブルも安い。材料費は300円くらいで修理完了。

住宅にも言えることですが日々のメンテナンス重要ですね。