肥沼 治揮 [代表取締役]

メッセージ
中央大学卒業後、銀行勤務を経て35年前に会社を創立しました。

20年前に日本に初めてドイツのエコロジー建築を紹介した「ひと・環境計画」の高橋元さんの下でエコロジー建築を学び、当初はビニールクロスとクッションフロアは絶対に使用しないから始まり、その後除々にバージョンアップし、現在はエコ度85%位に進化しました。

人の住まいで大切なことは何よりも室内環境です。 シックハウスにならない様に室内空気質を最も重視しなければなりません。 そのために素材(マテリアル)も大切ですが、何よりも空気質を良くする設計(デザイン)と住まい方(ライフスタイル)が大切です。

ご家族皆さまが健やかに過ごせる空気質の良い住まいをご提案しております。
肥沼 治揮