温暖化ですよ!

12月は師走だけあって何だかんだと忙しなく、ブログもご無沙汰してしましました。すいませんただの言い訳です

 我が家はカブトムシとクワガタムシを飼育いていまして、カブトムシは秋口に死んでしまいますが、来年の夏には子供たちが水槽から

姿を現して楽しませてくれます。クワガタムシはなかなか繁殖が難しくて、秋口に成虫とさよならしています。が、今年は今だ生きていて

驚きです。年を越してしまうかもしれません。クワガタ虫を飼育されたことのある方はご存じかとおもいますが、コクワガタは冬眠して何年

か生きることはありますが、ノコギリクワガタは秋には寿命を終えて死んでしまいます。年を越してしまうなんて驚異的です。

我が家の飼育場所は雨がかからない程度の気温もほぼ外と変わらない場所でして、やはり今年は暖冬なんだろうなと、改めて気づかさ

れた年となりました。

IMG_0476
写真はつい先日天国に行ったミヤマクワガタくんです。

現在生存中のノコギリクワガタくんの写真もあるのですが、黒光りしていて、私の苦手なゴ〇〇リを連想してしまう写真でしたので、載せるの

はやめておきました。

虫がお好きじゃない方もいらっしゃると思いますので、アップ写真はこのくらいにひかえさせていただきました。

こちらの写真でも『うえ~っ』となってしまう方、ほんとにごめんなさい!

我が家のノコギリクワガタの寿命が年々延びているのは、暖冬のせいだけではなくやはり温暖化で気温が上がっているからですよね。

地球の平均気温は、ここ100年で約0.7℃上昇していています。日本の大都市の平均気温はこの100 年あたりで2.2℃~3.0℃上昇し

ており、地球温暖化による気温上昇にヒートアイランド現象がもたらす気温上昇が加わって、急速に都市の温暖化が進んでいます。

ヒートアイランド現象の影響
冬季の夜間の気温  千葉県の銚子1.83℃上昇しているのに対し、千葉では5.62℃上昇

夏季の日中の気温  千葉県銚子では2.26℃上昇しているのに対し、千葉では3.61℃上昇

1979 年から観測されている都市部の我孫子、船橋及び佐倉でも、比較的上昇が大きくなっています。(参考資料:千葉の気候変化より)

なんとかして温暖化をくい止めなければ!まずは気づくこと、知ること、思想の転換、そして行動することですね!

エコロジー建築!がんばりますよ!     来年も皆様にとって素敵な年でありますように